人気ブログランキング |

京都 町屋 風が通る




風を感じて






c0153888_1305912.jpg




c0153888_1322970.jpg



c0153888_12542098.jpg


     それで ぼくも

 風をあつめて 風をあつめて

 動く風を撮ったのです

  とても素敵な瞬間

 通り抜けて行くのです

 風

c0153888_1324543.jpg




c0153888_133182.jpg




c0153888_1331888.jpg








c0153888_12561224.jpg




c0153888_12562272.jpg








風、空気の流れ、流れる空気自体

ただ風が 吹いているだけ

      街のはずれの



c0153888_12531565.jpg


c0153888_12515916.jpg


c0153888_12521572.jpg


鰻の寝床 夏の都 拝見してたら

風渡るのが 見えたんです

c0153888_1335615.jpg


c0153888_134966.jpg




c0153888_12535721.jpg




緋色の帆を掲げた1200古都市が
碇泊してるのが 見えたんです
     それで ぼくも

   風を感じて 風を見つけて
         

      昼下がり人気のない 街を歩く
風を見つけて行く


c0153888_1310562.jpg




さて・・・


築100年の町屋を改装してできたレストラン。
素敵なお庭を眺めながらのお食事・・・・・ いいですよね



でも好きではありません




東京の大手資本がやってきて 町屋を改装していきます
耐震補強なら納得ですが 
勝手が悪いからって柱を抜いたり 壁をぶち壊す
改造によって本来持っている町屋の雰囲気が潰れてします


本来の手を加えていない おばあちゃんの匂いがする

町屋を見ることができました。

c0153888_1373897.jpg


c0153888_1374864.jpg


まぁ 約100年も建っているからかび臭いことは否めませんが・・


c0153888_1248654.jpg


c0153888_12511355.jpg


c0153888_12484473.jpg



c0153888_12485816.jpg


これぞ100年京都町屋 

拝見できるチャンスは偶然でした。


c0153888_1249407.jpg






ちわっす! gです




長幼の序の精神

長じたものは幼い者を慈しみ、
幼い者は長じたものを尊敬するという
儒教的考え方です

「しっかりやれよ」

命令口調でおっしゃった


長じたもの (大臣) 幼き者 (被災者)

配慮が無いよ




国こそ「しっかりやれよ」

言って返してやりたい・・・

嫌な顔立ちの大臣数知れず

嫌いな言動を感じ無くてすむ  (嫌な顔見なくてすむ)




辞めた ★辞意です

早いなぁ 物議をかもしだしただけ 何もしない

県庁に行っただけ 被災地に入ったこともない
 


「岩手でキックオフ 3日でノーサイド 」




名言になってしまいそう 

by gotto5101 | 2011-07-05 13:31 | PENTAX K-7 写真集 
<< 悲しきかな・・花の命は短くて ... 梅雨明けはまだでした。 >>