タグ:OLYMPUS+LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH ( 58 ) タグの人気記事

社寺仏閣は 時代を超越してきた異空間



c0153888_13425027.jpg


c0153888_13364370.jpg


c0153888_1337946.jpg


c0153888_13362968.jpg



午後の時間の過ごし方.

お昼過ぎの気温何度でしょう。

昨日に続いて今日も体感湿度は低め。

朝は気温も低かったようで、草木の目覚める匂い

気持ちいい位に感じました。 ...

c0153888_13385290.jpg


c0153888_1339258.jpg



カメラは不思議 一枚の写真で空間を切り取る、

一枚の写真は想像豊かな異空間

その中で幸せな記憶を得られる素直な自分いれば


優しい日常を感じることができる、

自分の心も強くなれるんじゃないかとオイラ思います


c0153888_13405751.jpg


c0153888_1341718.jpg


今の季節 可憐に一輪の大花は ムクゲ

そっと 仏様に捧げるには 花の命は短すぎる

c0153888_1341214.jpg


c0153888_13414184.jpg



日常の喧騒をまるごと飲み込んでくれる

社寺仏閣の中で心を自由に遊ばせて、

宗派なんて関係ない 閉鎖的な今の日本

彷徨う心 静めることが出来る 古来からの拠り所

静かな時間を持つこと、

社寺仏閣は 時代を超越してきた異空間

私たちに与えるものの大きさを改めて実感することができたら ... 、

こんな身近なところで

贅沢な時間の過ごし方が最高の心の御馳走だと気づく

 

c0153888_13421327.jpg



c0153888_13463549.jpg


c0153888_13422680.jpg



夕暮れの空に静かな竹林、

土塀の向こう自然の中に溶け込んだように感じられる場所でした。





ちわっす!gです

オイラは特別な宗教には属していません

好き勝手に書き込んでおります お寺の回し者ではありません 

怪しい商品を売りつけたりしません

誤解のないように・・


★満身の怒り
[PR]
by gotto5101 | 2011-07-29 13:49 | ブロンプトン

蝉声無情




c0153888_14155493.jpg


c0153888_14161948.jpg


c0153888_14163346.jpg




暑光と冷影のなかに流れ込む蝉の声

「今泣かなきゃ、いつ泣くんだ」

言わんばかりに鳴き叫ぶ、

鳴き声は

「こんちくしょう」

「馬鹿野郎」

という言葉 聞こえてくる




c0153888_1412570.jpg


c0153888_14123094.jpg


c0153888_14125144.jpg




空に消えるセミの如き

その無責任な穢らわしさが、

どうしようもなく

せつない 悲しい 蝉の鳴き声

敷き詰めた青い空

寺・白壁の脇 禅僧のごとく座り込む 

ひとりきりの時間

贅沢な時間





c0153888_14131951.jpg


c0153888_14133347.jpg


c0153888_14134662.jpg





今年の夏、

日本全体を振るわせたあの震災のことを

考えずにはいられない
[PR]
by gotto5101 | 2011-07-24 14:22 | OLYMPUS E-PL1s+LUMIX

夏雲無情 高校三年の夏





夏雲は何でも知っている


すでにその夏を終えた者たちがいる。


c0153888_11291020.jpg




c0153888_11292493.jpg





夏の青春!「高校野球」

毎年猛暑の中、白球を追いかける姿に感動します

季節は夏のさなか。
高校野球地区予選、

終われば(過ぎれば)決して戻れない 

まだまだヤレる事の自分と

終わってしまった3年間野球 

狭間に揺れる葛藤に涙する高校球児達

君たちが美しく輝く

数多くのドラマにオイラは感動する


君たちは美しすぎる


こみ上げるものがあるなら 

すべて吐き出せ

ドロドロに泣け
 
 奇声ごとく叫べ 

恐怖のように吠えろ 


一日中嗚咽したって構わない





夏はある意味、

すごい季節なのだなぁ

自分の過去に想いはぐらせ見上げる 夏雲




夏雲無情


 
懐かしい夏雲が湧き上がっていたのを見つけて

シャッターを切ったのはついの日だったのか

青春の翼がシボンだ私は、

ただ輝かしい夏の空をなじるだけ


c0153888_11302482.jpg

[PR]
by gotto5101 | 2011-07-18 15:07 | OLYMPUS E-PL1s+LUMIX

京都 祇園祭りの後の淋しさ




暑いではなく 熱い・・

ご近所の犬が・・ホットドッグです (笑)



c0153888_9191785.jpg



c0153888_9235841.jpg


c0153888_924871.jpg



c0153888_9203286.jpg



c0153888_9253118.jpg



c0153888_9204487.jpg


夕涼み(ゆうすずみ)、昼間拳で殴られたような夏の暑かった一日

夕暮れは、日が落ちる頃になると風も涼しくなって

何故か幸せな気分になる

日中の痛い暑さも和らいできた

夕暮れ時に戸外で涼を頂くことは最高の贅沢、

庭に打ち水 夏の夕暮れ時を楽しむ。

戸外で涼をとることは、環境面からもエアコンを使わずに

二酸化炭素の排出を減らすということで望ましい
(政府広告のようでヤラシイですが・・・)



c0153888_9212642.jpg



c0153888_922898.jpg


c0153888_9215659.jpg




c0153888_9264214.jpg



c0153888_9282518.jpg


c0153888_9283928.jpg


c0153888_9285894.jpg


c0153888_926544.jpg




理屈をつけて日本の夏を満喫しましょう

冷たい飲み物で涼を誘いましょう

理屈をつけて ギンギン冷えたビールを頂きましょう

なぁ諸君 


ちわっす! gです 

祭りの後の寂しさは なんとも言えない気分です

好きなんだなぁ~ この 一瞬が・・・

[PR]
by gotto5101 | 2011-07-18 09:40 | OLYMPUS E-PL1s+LUMIX

ブロンプトンで小豆島  小豆島にホレたぜェ~♥




マル金醤油


しょうゆの香りただよう醤の郷(ひしおのさと)。

ここは小豆島でも、特にしょうゆや佃煮の工場が集まった地域

ブロンプトンで走っていても 

つねに芳しい香りが漂っています。

c0153888_12392947.jpg





700tで醤油絞ってます すげェ~♫

c0153888_1240084.jpg



c0153888_12411698.jpg


「マルキン醤油記念館」

試食の佃煮を沢山いただき塩分補給(笑)

小豆島の名物のひとつとして、
「しょうゆソフトクリーム」
食べること忘れちゃったです





オリーブ園で休憩っす


c0153888_1241423.jpg


とりあえず土庄まで行けそうです



写真を撮りながらぼちぼち(のんびり)走ります 

c0153888_12532810.jpg



暑い!暑い! 暑い!暑い! 


c0153888_12544183.jpg



暑い!暑い! 

c0153888_12545170.jpg




土庄港に到着 「二十四の瞳」 銅像前 モノクロ写真 家族で撮った写真が残ってます

c0153888_1242884.jpg


昔のイメージはありません
「変わったなぁ~」

    波止場しぐれ♫(石川さゆり)

波止場しぐれが 降る夜は
雨のむこうに 故郷がみえる
ここは瀬戸内 土庄港
一夜泊りの かさね着が
いつかなじんだ ネオン町 ♫




土庄観光案内で

「エンジェルロード」と「世界一狭い海峡」情報収集

c0153888_12451333.jpg


「エンジェルロード」
丁度、引き潮ラッキーっす
対岸に渡れました。




c0153888_12455577.jpg


c0153888_12461265.jpg


c0153888_12463295.jpg



そんでもって定番「世界一狭い海峡」に寄って


c0153888_1247223.jpg



坂手港に向って帰ることにします。






c0153888_12475365.jpg


c0153888_1248997.jpg




(気がつくと帰コース外れました。)




小豆島に農村歌舞伎が残り見に行きたいと思ってました

時間的に無理がアリ残念な気持ちがあったのです

土庄町淵崎交差点 

道を間違え26号線に入ってしまいました

 
気づいた時

「肥土山農村歌舞伎」2,6km? 

行きますか!

坂道キツイ・道はわからず・人はいない

偶然に人を見つけ道を聞くと・あそこの茅葺き家辺り

いやぁ~遠かったぁ~

島には、二つ、農村歌舞伎が残っています。

肥土山農村歌舞伎と、中山農村歌舞伎


提灯で照らされた肥土山農村歌舞伎


c0153888_12491588.jpg




c0153888_12494977.jpg



c0153888_12493579.jpg





暗闇の中に浮かび上がる舞台次回絶対に見たいです。

鎮守様 稲穂の実 紅葉 秋真っ盛り狙って また来るね

c0153888_12504239.jpg


c0153888_12512072.jpg



ゆっくり汗を引くまで佇んでいたかった

残り時間なく焦ってきました 

暑さで体力脚力もなくなってきてます

16時20分のフエリー間に合うかなぁ~ 

向かい風に悩み・「輪行でバス」数少ないバス停とバス便2回とも一歩手前でバスが・・ (涙)

おい!自転車 畳んでいる時ぐらい待てないかぁ! 運転手!

ブロンプトンを知らないから 修理してると思ったか・・ オイラを見捨てて行っちまう・・


何とか 草壁港着  急いで 三太郎うどん頂きます。


c0153888_1252586.jpg



小豆島 ここに三太郎うどん あり!っす

c0153888_12521529.jpg


うまい! 小豆島は素麺(そーめん)ですが
讃岐うどん美味い! 島価格です、ちょい価格高めっす


c0153888_1254252.jpg






さて陽はまだ高く ゆっくりと小豆島で過ごしたいです

去りゆく時間になりました

c0153888_12563354.jpg
c0153888_12564865.jpg


坂出港16時20分発 神戸第三突堤19時30分着
 ちょっぴり横になり 夢ごこちで帰阪です。

c0153888_1257857.jpg


後ろ髪を引くぜェ 

真っ赤に焼けちまった腕が痛む




c0153888_12575246.jpg



c0153888_12583616.jpg


c0153888_12581770.jpg


c0153888_12574013.jpg



馬鹿野郎!


 
超 気持ちいいじゃねえかぁ♥







c0153888_12592751.jpg



c0153888_12591151.jpg





くそォ~♥ 




また小豆島にホレたぜェ~♥

[PR]
by gotto5101 | 2011-07-14 13:10 | ブロンプトン

ブロンプトンで小豆島



神戸発のジャンボフェリーを利用
神戸~小豆島(坂手港)
神戸第三突堤 AM1時出航 仕事を終えてからゆっくりと間に合います

ちなみに ブロンプトンは手荷物 

神戸~小豆島 往復運賃¥2990♥っす!

安! ¥3000ポッキリで一日遊べる!

船内で睡眠が取れること 旅情気分に慕ってしまいます。


c0153888_1230426.jpg


小豆島と神戸を結ぶ定期フェリー運航16年ぶり復活。

各地のフェリー航路が存亡の危機に立たされるなか 微力ながら応援です。




「ちっぽけな夏」からの続きです




不眠の朝の、血ばしった眼の輝きを感じる
「帰ってきた故郷」って感ずる 
山々が深い小豆島風景 ... 夜が明けて
懐かしい人情豊かなふるさとの思いを感じるだろう
 
島影眺めながら、改めて美しい島だなと思いました


c0153888_12304833.jpg


c0153888_123136.jpg





c0153888_12313897.jpg




岬の分校はひっそり静まっていた。

薄暗い教室にはオルガンが一台

窓にはオリーブの木

この一枚の写真に今回の小豆島が凝縮されているようです (オイラお気に入りです)

c0153888_12324460.jpg





4年生小学校夏休み読書感想文で「二十四の瞳」

「にじゅうよん」とは読まないで

先生に褒められたこと思い出した、図書館で「二十四の瞳」ばかり読んでいたなぁ~ 
「gくんまた読んでる」
女子に言われてました。


涙を誘ったシーンは戦後、
再び分教場に戻ってきた先生と、
戦争の苦難の歴史を潜り抜け、
生き残った教え子とが再会するシーンである

昭和の名女優・高峰秀子

読書感想文にはぜひ「二十四の瞳」をお選び下さい


c0153888_12334097.jpg



c0153888_1240828.jpg


c0153888_12341088.jpg


c0153888_12343288.jpg


c0153888_12344781.jpg


c0153888_1235887.jpg



c0153888_12352935.jpg




暑い海風. 生きることの喜び、生きること悲しみ、

苦悩、心の叫び、慟哭の魂を自分の人生に重ね走る

禅僧修行のごとく 走る ブロンプトンで・・


c0153888_12454746.jpg



c0153888_12312020.jpg






オイラの胸の中に秘められた魂を呼び覚ます

ひとりでに飛び出し踊ることはなく

小豆島に訪れたものが感じる 

癒された魂の叫び

幸せが一杯溢れ感じる小豆島

誰だ!小豆島 面白くないって言った人は!


 なんてこった馬鹿野郎! 小豆島にホレたぜェ~♥



小豆島の観光業界にとっても産業界

醤油・佃煮・素麺・オリーブ・ごま油)にとっても

小豆島と神戸を結ぶ定期フェリー運航16年ぶり復活。

朗報ではと思っています。


c0153888_12495581.jpg



小豆島=あずき島・こまめ島なんて言わせない!

オイラの力でいずれ小豆島から淡路島の岩屋にも寄港。(瀑)



後日更新します。


 
[PR]
by gotto5101 | 2011-07-13 12:54 | ブロンプトン

ちっぽけな夏が始まった (オヤジ編)



c0153888_12264621.jpg


c0153888_1227845.jpg



オイラのちっぽけな夏が始まった

今年も 拳(こぶし)の中にしっかりと

思い出を掴んで(つかんで)帰ろう

始まった 7月休日

何もしなくて夜がやって来ることは寂しい


c0153888_12273212.jpg



雨に濡れたって

風に吹かれたって

いいじゃないか

きっと何かを掴めるから



無邪気なあの頃に戻どる

朧気な記憶 

頭の中のアルバムの1ページを開く


オイラ(オヤジ)のちっぽけな夏は 短い

時には後ろを振り返るけれど 後悔はしない

後戻りとか立ち止まったりしたくない


オヤジのちっぽけな夏が始まる

胸の中の迷いや野暮ったい葛藤に悩まされるけれど


勇気を出して一歩前


「これでいいのかな」って気持ち

汗と共に流しきらなくては生きていけない



c0153888_12283510.jpg



c0153888_12341658.jpg




c0153888_1230080.jpg


c0153888_12375967.jpg



c0153888_12382580.jpg


c0153888_1355758.jpg


c0153888_12383736.jpg


c0153888_12394918.jpg



c0153888_124235100.jpg



何時も探していた 自分らしくいられる そんな場所

情けないほど小さな勇気を抱き

恥ずかしいくらいのちっぽけな希望を


胸に掲げて いつまでもどこまでも探しに行く・・・




c0153888_1363959.jpg

[PR]
by gotto5101 | 2011-07-12 12:46 | OLYMPUS E-PL1s+LUMIX

悲しきかな・・花の命は短くて クチナシ花





 くちなしは日本に咲く数少ない香りの強い花

くちなしの香り豊かな数日がつづいていたが、


c0153888_12185861.jpg



悲しきかな・・

花の命は短くて


c0153888_12192189.jpg


c0153888_12193294.jpg




c0153888_12195542.jpg




フェロモンのようにオイラを惑わせる。

雨に濡れたくちなしの花の香りは、

セクシーでなまめかしすぎる。


c0153888_12455763.jpg


禅寺にこんな狂おしいSEXY匂いが漂って

修業の妨げになることは確実 (瀑)




c0153888_1221099.jpg


c0153888_12213077.jpg






御仏壇の仏花として、

また大切な方への贈り物に大変喜ばれています


いつの日か 京都の東林院で沙羅双樹 


、「夏の椿 沙羅双樹の花の色」

夕方に淡く散り落ちる姿をこの目でしっかりと見届けたい、



c0153888_12342365.jpg



c0153888_12345666.jpg



昼間賑わう 石堀小路 夕日に染まり 静かに佇む


伝統建築物保存地区指定

祇園の奥座敷・石塀小路。

情緒豊かな石畳の路地、

ランタンの街灯に水打ちされた軒先、

そしてそれらを垣間見ることができる格子戸


c0153888_1235860.jpg




c0153888_12344672.jpg




c0153888_12351790.jpg



c0153888_12352772.jpg




御先祖様

今日も一日見守ってくださり

ありがとうございます。



合掌
[PR]
by gotto5101 | 2011-07-06 15:15 | ブロンプトン

京都 町屋 風が通る




風を感じて






c0153888_1305912.jpg




c0153888_1322970.jpg



c0153888_12542098.jpg


     それで ぼくも

 風をあつめて 風をあつめて

 動く風を撮ったのです

  とても素敵な瞬間

 通り抜けて行くのです

 風

c0153888_1324543.jpg




c0153888_133182.jpg




c0153888_1331888.jpg








c0153888_12561224.jpg




c0153888_12562272.jpg








風、空気の流れ、流れる空気自体

ただ風が 吹いているだけ

      街のはずれの



c0153888_12531565.jpg


c0153888_12515916.jpg


c0153888_12521572.jpg


鰻の寝床 夏の都 拝見してたら

風渡るのが 見えたんです

c0153888_1335615.jpg


c0153888_134966.jpg




c0153888_12535721.jpg




緋色の帆を掲げた1200古都市が
碇泊してるのが 見えたんです
     それで ぼくも

   風を感じて 風を見つけて
         

      昼下がり人気のない 街を歩く
風を見つけて行く


c0153888_1310562.jpg




さて・・・


築100年の町屋を改装してできたレストラン。
素敵なお庭を眺めながらのお食事・・・・・ いいですよね



でも好きではありません




東京の大手資本がやってきて 町屋を改装していきます
耐震補強なら納得ですが 
勝手が悪いからって柱を抜いたり 壁をぶち壊す
改造によって本来持っている町屋の雰囲気が潰れてします


本来の手を加えていない おばあちゃんの匂いがする

町屋を見ることができました。

c0153888_1373897.jpg


c0153888_1374864.jpg


まぁ 約100年も建っているからかび臭いことは否めませんが・・


c0153888_1248654.jpg


c0153888_12511355.jpg


c0153888_12484473.jpg



c0153888_12485816.jpg


これぞ100年京都町屋 

拝見できるチャンスは偶然でした。


c0153888_1249407.jpg






ちわっす! gです




長幼の序の精神

長じたものは幼い者を慈しみ、
幼い者は長じたものを尊敬するという
儒教的考え方です

「しっかりやれよ」

命令口調でおっしゃった


長じたもの (大臣) 幼き者 (被災者)

配慮が無いよ




国こそ「しっかりやれよ」

言って返してやりたい・・・

嫌な顔立ちの大臣数知れず

嫌いな言動を感じ無くてすむ  (嫌な顔見なくてすむ)




辞めた ★辞意です

早いなぁ 物議をかもしだしただけ 何もしない

県庁に行っただけ 被災地に入ったこともない
 


「岩手でキックオフ 3日でノーサイド 」




名言になってしまいそう 

[PR]
by gotto5101 | 2011-07-05 13:31 | PENTAX K-7 写真集 

梅雨明けはまだでした。




梅雨 まだ 残っていたのですね

忘れていました (笑)

c0153888_820574.jpg



午後から 雨 

はてさて 困った 困った・・・


c0153888_8214174.jpg




テナガエビが取れるそうです 琵琶湖疎水からの流れは清らかです

清らかな水 眺めていても飽きることはありません



c0153888_823224.jpg

[PR]
by gotto5101 | 2011-07-04 08:34 | OLYMPUS E-PL1s+LUMIX