芦屋川~荒地山周辺はニセ道標ばかり。



困ったものだ!私もこの問題は、知っていた、


しかしハイカーが迷って遭難一歩手前まで行ってるとは。。
人事ではなかった、私自身も道畦谷に入るとき迷った、
芦屋川~荒地山周辺は、とても枝道が多くそこが魅力的なのだが・・




c0153888_10163756.jpg
c0153888_10164988.jpg
c0153888_1016596.jpg
c0153888_10171228.jpg
c0153888_10173326.jpg




赤や緑の塗料にご注意 六甲山系に「ニセ」道案内

http://www.asahi.com/kansai/travel/news/OSK200906110070.html


以下記事抜粋・・・

兵庫県芦屋市付近の六甲山系の登山コースで、道しるべに従っているはずなのに、いつの間にか山中に迷い込むハイカーが増えている。ごく一部の登山者が勝手に山道わきの岩や石に、矢印などの目印をつけているためだ。赤や緑の塗料が100カ所近くに吹き付けられており、地元の登山会のメンバーらはカンカンに怒っている。 スプレーの目印があるのは、芦屋市の高座の滝や荒地(あれ・ち)山(549メートル)、同市と神戸市とにまたがる岩場「ロックガーデン」の周辺。都会の近くでありながら本格的な山の雰囲気が味わえることから、山歩きコースとして人気が高い場所だ。瀬戸内海国立公園の一部でもある。 月下旬、この周辺の樹木や岩などに赤や緑、黒の油性塗料で文字や矢印などが書かれているのがみつかった。同じころ、芦屋市内の登山家が山に入った時、ちょうどスプレーを吹き付けていた人を発見した。神戸市内の男性(77)で、「迷いやすいので自分の好きなコースの多くの場所に印を付けた。反省している」と謝罪したという。 男性が目印を吹き付けたあたりの山は、芦屋市の打出芦屋財産区が所有している。市はできるだけ環境に害を与えない薬品で消すことを検討しているが、完全に元通りにするのは難しいという。



 目印のせいで道に迷うハイカーも増えている。芦屋市で活動しているアウトドアインストラクターの大釜一典さん(26)は、4月だけで2人から「助けて」と携帯電話で救助を求められた。以前、一緒に登ったハイカーで、2人とも目印に従って歩いているうちに登山道を外れたという。大釜さんの知り合いの登山仲間にも、6月中旬までの2カ月弱で同じような救助要請が6件あったという。




スプレーで落書き 六甲山系に100カ所以上 (神戸新聞)

http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0001877856.shtml


この時点(記事の内容)では、まだ落書きは、赤スプレーのままだった。


c0153888_1015294.jpg


上から重ね塗りしたためこのような、結果に・・・



芦屋川のアウトドアショップオーナーが、


現行犯でマーキング犯をその場で取り押さえることができた。


すごい!!!



お読みになれば、この問題の経過がわかってくると思います。

以下ブログ記事を張っておきます。








六甲のマーキング

http://skyhighlife.blog.eonet.jp/default/2009/04/post-c813.html








六甲山のヤリ過ぎたマーキング

http://skyhighlife.blog.eonet.jp/default/2009/04/post-1ad9.html








芦屋ロックガーデン流域のマーキングについて


     ☆ ☆ ☆  現行犯でマーキング犯取り押さえ  ☆ ☆ ☆ 

http://skyhighlife.blog.eonet.jp/default/2009/05/post-7a14.html








高座谷マーキングのその後・・・

http://skyhighlife.blog.eonet.jp/default/2009/05/post-eebb.html





しかし 考えさせられるなァ~ 

未知のルートでは、テーピングなど目印が結構 助かっているだけに

すべてが、駄目 だとは言い切れない。 でも今回は、度合いがひどすぎるなァ~。


荒地山も迷い込まないために、一切の道標(テープ)が無くなっている、これが原因かなァ??
[PR]
by gotto5101 | 2009-06-12 10:22 | 登山記録
<< 次回予告 I will go to そう... >>